バイナリーオプションとFXとで異なる点

バイナリーオプションもFXも、いずれも外国為替市場における為替のレートの変化を用いて利益を生み出そうとする投資の取引を展開していきます。1ドル=100円という米ドルと日本円の為替レートが、1ドル=105円となると利益(もしくは損失)となり、1ドル=95円となると損失(もしくは利益)となることを予想して自分でポジションを買うような点も同様となっています。


ですが、FXとバイナリーオプションとの間には多くの異なる点が存在します。


・取引にかかる期間


FXは取引開始から終了まではわずか数分という非常に短い時間での取引をすることが可能であり、数カ月にわたっての長期的な取引をすることもできます。このような点は普通の店頭取引となんら変わりません。しかし、バイナリーオプションの場合は大抵24時間以内に取引が終了してしまい、長期間になっても1週間ほどしか取引の期間が与えられていないため、短期間での取引を希望する人はFXよりバイナリーオプションを選択することが勧められるでしょう。


・利益と損失に関して


ランキングもより深く分析していくと、分かっていくことなのですがいずれも投資取引に分類されますが、FXはリスクやリターンについてをレバレッジを利用して自分で調整でき、バイナリーオプションは元からペイアウト倍率が設定されており、掛金に応じて取引の前に始めから利益額も判明しており、損失発生時も掛金がそのまま損失になるだけという設定がなされているというそれぞれの特性があります。ローリスク・ローリターンでの取引を望む人は、バイナリーオプションをすることがお勧めとなるでしょう。


FXの場合、自身で設定したレバレッジにより予想が当たると利益も増大しますし、予想が外れてしまえばレバレッジに比例して損失も増大していきます。XE Marketsでは最大で888倍のレバレッジが使えるので、たしかに自己資金を遥かに超えるような金額の損失を抱え込んでしまうリスクが存在するFXは、そうしたリスクを嫌う投資家にはあまりお勧めできないのではないでしょうか。ですが、レバレッジという考え方が元から存在しないバイナリーオプションにおいては、損失が生じても始めの掛金がそのまま損失となって返戻されないだけですみます。リスクを極力抑えたい投資家にとって、バイナリーオプションはリスクの自己管理がしやすい投資取引と言えるでしょう。


そして、「売り」というものが存在しない点も特徴となります。バイナリーオプションではチケットを購入するだけで終了になります。長時間にわたってチャートに張り付きながら適切な売りのタイミングを探して待つ必要はありません。海外旅行に行っている最中に、いきなり売らなければ大きな損失が出てしまう、急いで売らなければと心配する必要も全くありません。


終了する時刻が把握できているため、バイナリーオプションでは「買い」終わった段階であなたがするべきことはただ待つということだけとなります。


・景気による影響


FXとは取引開始の時点の価格よりもどれほどその価格が変化したのか、そしてその変化の幅によって利益や損失の金額も決まっていきます。これは景気に影響される部分がとても大きいと言えるでしょう。ですが、バイナリーオプションの場合は、現在の価格よりも上昇するか下降するかのいずれかを選ぶことで利益もしくは損失が決定するため、変化の幅は何ら問題とはなりません。景気による影響に左右されずに取引が可能なのも、バイナリーオプションの特徴となります。
Copyright バイナリーオプション海外口座