副業として考えるバイナリーオプション

バイナリーオプションの位置づけは本業ではなく副業という見方が正しい見方です。まれにFX初めての方がいきなりバイナリーオプションに入っていくこともありますが、それはけっこう少数派といわれています。


実際多くの人もバイナリーオプションは本業として考えてはいません。FXや株取引をメインで行って利益をあげている人もバイナリーオプションはそれらほど力をいれてないように思えます。


一部の投資家を除く多くの投資家は、メインの仕事をしながらバイナリーオプションを副業としているのではないでしょうか。


バイナリーオプションをする際に目安になるのは、自分の資産の何パーセントを用いるかということが重要になってきますが、基本的に良いと言われている割合はメインの収入が90%でバイナリーオプションで稼ぐ割合が10%前後が良いと言われています。


それ以上にバイナリーオプションで稼ごうとすると、負けが出た時に損失が大きくなってしまうからです。Meta Traderにはまってしまうのも同じような取引形態になることが多いようです。ですからバイナリーオプションは副業という位置づけにどうしてもなってしまいます。

関連サイト: 「スワップ.net」


場合によっては利益がたくさん出て、資金の割合を増やしたいと思うかもしれませんが、焦らずに副収入だと考えて続けていく方が賢明です。


しかし、利益が一定期間出続けるとどうしてもバイナリーオプションをメインにしていきたいと思う気持ちが強くなるかもしれません。


では実際にバイナリーオプションの短期取引をしていくことで生活できるでしょうか。


答えは… 否です。
それほど簡単なものではありません。投資家の中にはバイナリーオプションだけで生活できたら良いと思う人が多くいるとは思いますが、やめておいた方が賢明な選択と言えます。


バイナリーオプションだけで収入を得ている人は、数パーセントにも満たないのが現状です。


生活を確立するためには、毎月毎月安定した収入を得る必要があります。バイナリーオプションでは、その月に必要な収入を得られたとしても、次の月にまた同じ金額を稼ぐことができるかどうかは不確かです。XMという新興FXで日々チャレンジをしているのですが、やはり安定的に利益を出していくのは難しいこともあります。月によって10万円のプラスになることもあれば、マイナスで終わってしまうこともありますので、このあたりがヘッジが必要となるところです。


それを何年、何十年続けて行こうと考えるのは無理があります。


基本的に年間に200万ほど生活資金として必要な場合、毎月40万ほど稼ぐつもりでいなければ、年間通して安定した収入を得るというのは難しいでしょう。


ですから、投資家を含む多くの人はバイナリーオプションを副業として位置づけているのです。
Copyright バイナリーオプション海外口座