◆FXのリスクヘッジとしてのバイナリーオプション


バイナリーオプション海外などの金融商品を扱い始めた方にぜひ知っておいて欲しいのは、リスクヘッジです。これは、取引を行う上で、リスクの発生を避けたり、発生しても影響を軽減させたりすることです。


FXのリスクヘッジとしてバイナリーオプションを利用することがあります。これが可能になるのは、両者とも為替相場を利用する取引だからです。


バイナリーオプションの取引についてリスクヘッジを行うには、逆張りをします。つまり、ポジションを保有した状態で、反対方向のチケットを購入するということです。


また、FXで裁量トレードをしている場合、24時間以内に決済が完了するためにスワップの問題が起きないバイナリーオプションは最適であると言えます。


FXで損失が発生しても、リスクヘッジとしてバイナリーオプションを行うことで、損失を相殺したり取り戻したりできるのです。


たとえば、米ドル/円でFX取引を行うとき、価格を100円として、ポジション解消は101円、ストップは99.50円とするとします。この場合にFXで発生する損失額と同じくらいの利益が出るように、バイナリーオプションでLowポジションを取得して投資するのです。


すると、もしFXで読みが外れてストップとなり損失が出ても、損失分の金額がバイナリーオプションの利益として得られることになります。結果、損得がなくなり、リスクヘッジが機能したといえます。こういう積み重ねがゆくゆくはバイナリーオプション稼ぐとなっていくわけです。


もしFXで狙いが当たっていれば、バイナリーオプションは損失となります。しかし、バイナリーオプションの損失額は、投資金額分だけですから、FXで上がった利益分でプラスにすることができるのです。


つまり、FXで負けた時のリスクを抑えるために保険としてバイナリーオプションを利用する一方で、FXで勝った場合にも利益を出せるというわけです。


ただし、FXとバイナリーオプションを、同一のタイミングで決済する必要はあります。


せっかく損失時の保険をかけているのに、もし決済が同時期でなければ、管理も複雑化して保険の機能が失われかねないのです。


また、使い勝手を考えれば、取り扱う証券会社は同じところにしておいた方がよいでしょう。


FXの保険としてバイナリーオプションを利用する時は、証券会社FXとバイナリーオプション両方の取り扱いができるか、確認しておきましょう。
Copyright バイナリーオプション海外口座