取引ルールに応じたバイナリーオプションの戦略


バイナリーオプションの取引に関わるルールやシステムは、FX業者によって様々です。最初はどこの業者でどうやって取引すべきか迷いますが、まず、3種類のルールに分かれているということを覚えましょう。


バイナリーオプションのランキングをするとよくわかるのですが、代表的な取引ツールで3つあります、この種類のうち、よく使われるのはHigh・Low方式という上か下かを予測する方式です。また、他のバイナリーオプション取引は高配当も臨めるため、人気があります。これらの方式は具体的にはどのようなものなのでしょうか。


◆バイナリーオプション(レンジや境界を予想するもの)


先に設定されたレンジ上限・下限レートにタッチしたりレンジ抜けしたりすれば、投資資金が没収となるシステムです。24オプションでやってみるのが手っ取り早くてわかりやすいです。利益を出すには、判定される時間まで為替レートがレンジ内にあればよいということになります。


なお、この方式で取引できるのは、今は海外のバイナリーオプション取引業者となっています。業者によっては、取引する時間帯によって取引の対象となる銘柄を入れ替えているところもあり、実際にレンジ相場になってみたら使えなかった、ということもよくあります。これではせっかくの方式も役には立ちませんね。


◆バイナリーオプション(ワンタッチする/しないを予想するもの)


重要指標が発表されるときなど、為替レートが急激に動くと思われる時に使う方式です。判定時間内に、設定したレートに達した時に利益が発生します。したがって、ワンタッチオプションで取引を始めると、開始早々、一瞬で利益を獲得できることすらあります。おもしろい投資方式だと言えますめ。


投資効率を考えてもとても魅力的なのが、このワンタッチオプション。時には、判定時間より前に勝負がつくこともあります。面白さのあまりついついエントリーを無理に重ねてしまいがちですが、投資資産の使い過ぎを防ぐためには、時機を心得たエントリーを行うようにしましょう。なお、「ワンタッチしない」と予想することはあまりありません。


◆High/Lowバイナリーオプション(上か下かを予想するもの)


それぞれの通貨ペアの為替レートが、判定時間に上がっているか下がっているかを予想するもの。バイナリーオプションのもっとも一般的なスタイルだと言えます。ブログでも多数出てくるスタイルです。


利益となるのは、たとえ0.1銭でも、判定時に設定基準に達している時です。勝ち続けることができれば、FXを上回る利益を生む確率が高いことが魅力です。また、判定時間より前に利益を確定してしまいたい人なら、バイナリーオプション専用口座を開設する時に、途中で権利を放棄して決済することができる業者を選んでおきましょう。


毎日コツコツと小さな利益を積み上げていくことが、実は資産形成への近道なのかもしれません。
Copyright バイナリーオプション海外口座